>ラグビーW杯2019

突然ですが、2年近く前の2015年9月に行われたラグビーのワールドカップでの日本代表の活躍を覚えていますか?

2015年のイングランド・・・

第8回となるラグビーワールドカップ2015のリーグ戦の第一試合、日本代表はワールドカップ優勝経験のある世界的強豪国の南アフリカとの対戦。

劣性からのラスト10分の攻防と終了間際の逆転トライ・・・

あの時の感動は忘れられない。

五郎丸選手のあのルーティーンも含めて、ラグビー熱が高まりましたね。

残念ながらリーグ戦で3勝をあげながら決勝トーナメントには進めませんでしたが、次回での日本代表には大いに期待をもってしまいました。

そんなラグビーの世界一を決める「ラグビーワールドカップ2019」は日本で開催されます。

あの興奮がもう一度、しかも日本で見られるのはとても楽しみですね。

オリンピック2020東京の前年でもあり、2019年、2020年と日本は世界から注目される年となりますねぇ~

しかしサッカーと同様に4年に一度開催されるワールドカップ、しかも団体競技においては、開催には多くの費用を必要とします。

この開催にあたり、一役かっているのが数字選択式宝くじの「ビンゴ5」です。

ビンゴ5の説明の中にはこんな一文が・・・

 「ビンゴ5」の収益金の一部は「ラグビーワールドカップ2019TM」への支援に充てられ、「ビンゴ5」の宝くじ券にもラグビーワールドカップ2019 TMの公式マークが使用されます。

ビンゴ5のくじ券を確認してみましょう。

赤いラインで囲んでみました。

公式マークと協賛くじの表示が確認出来ますね。

ビンゴ5を購入する事でラグビーワールドカップ2019TMの日本開催に役立てるのは嬉しい限りです。

話は余談ですが、この最後の「TM」はトレードマークの略で、登録商標の手続きしてますよ~と言う意味らしい。

登録商標になると「®」のマークになるようです。

そうそう協賛くじでしたね、ビンゴ5は・・・

実は宝くじでは既にラグビーワールドカップ2019協賛くじが発売されているんです。

昨年、2016年(平成28年)の4月20日より発売されたのが、

「ラグビーワールドカップ2019協賛くじ」(第693回全国自治宝くじ)の概要
・発売期間:平成28年4月20日(水)~平成28年5月10日(火)
・発売額:50億円(250組、2,500万枚)
・価格:1枚200円
・主な賞金と本数
1等 3億円×2本
1等の前後賞 1億円×4本
2等 1千万円×4本
ナイストライ賞 1万円×5万本
・抽せん日 :平成28年5月12日(木)

「今回、ラグビーワールドカップ2019協賛くじが発売されることとなりました。この協賛くじの収益金の一部は、ラグビーワールドカップ2019日本大会に向けて、大切に活用させていただきます。この大会を、大成功に導くため、我々も鋭意、開催準備を進めております。皆様には、ぜひこの協賛くじを御購入いただき、応援していただきたいと思います。」

■公益財団法人RWC2019組織委員会 事務総長

嶋津 昭(しまづ あきら)氏のコメント

一過性の協賛くじではなくて、継続的に支援する為に新しく発売となったビンゴ5はいいコラボのカタチだったのかもしれませんね。

これからもビンゴ5を買って応援していきたいですね。

それにしても・・・

協賛するのがスポーツ振興が目的であるサッカーくじの「toto」や「BIG」の範疇ではないってのがちょっと疑問ではあるが・・・

いろいろあるんだろうね・・・・(笑

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする